第3回公演 カクリホテル〜私と彼らの3時間〜

2005年「カクリホテル〜私と彼らの3時間〜」 2005年「カクリホテル〜私と彼らの3時間〜」

【公演日】

2005年2月11日 全2回公演

【劇場】

吉祥寺 櫂スタジオ

【作】

北島夏美、景山伸子

【演出】

景山伸子

【出演者】

景山伸子(和田弥生 役)
北島夏美(星川いずみ 役)
吉田一平(西谷大和 役)
岩崎法洋(謎の男 役)

【スタッフ】

音響・装置:佐藤利彦
照明:宮田章菜
撮影:篠原浩之

【あらすじ】

とある観光地のホテルを訪れていた女性二人とホテルの従業員が「伝染病感染」の疑いで
ホテルの一室に隔離されることになる。
彼らの部屋は医者に見張られていて、外には出られない。
伝染病の恐怖を感じ、脱出を試みているうちに、部屋の外からはなぜか銃声が聞こえて・・・。

【コメント】

北島が書きラストまで考えていたがどうにも煮詰まり、投げ出そうとした作品を景山が完結させ、共著となった。
Nadianneにとって初めて男性出演者が参加した作品。
高城は当日お手伝いで参加。


※公演フォトアルバム準備中